IoTを社会で活かすエンジニア 活躍が期待されるIoTエンジニアに求められるスキルとは

不足するIoT分野の人材育成に大切なこと

あらゆる場面でIoTの技術が導入されていく一方で、IT業界ではエンジニアの人材が不足している状況にある。作業には高い技術力が求められるが、それを満たす人が少ないことが人材不足を感じさせる原因として挙げられる。
この問題を解消するにはIT業界全体で人材を育成していくことが重要になってくる。若い人材を採用してチャンスを与えることが、まず必要とされることである。
次に必要なのが指導者の存在だ。若い人材を優秀なエンジニアとして育成することに適しているのは、各企業に存在する管理職の立場にある人だ。管理職の立場にある人であれば普段から開発チームを纏めているケースも多いため、人を観察する力に長けている可能性が高いだろう。また、経験を元にしたアドバイスができる上に、そのアドバイスも目線が近い分聞き入れられやすい傾向にあると言える。
将来的にどのようなスキルを身に付けてもらいたいかという点も重要だろう。IoTの企画に携わるような人材を育成するためには、まずIoTに関する知識を深めてもらう必要がある。この知識を深めることによって、プロジェクトのマネージャーや企画担当者にも意見できるような人材になることが期待できる。
そして、良いものを生み出しやすくするためには、エンジニアに関する分野に留まらず、幅広い技術力を持っていることが大事になってくるだろう。さらに、コミュニケーション能力も高めておくことで、チームで活動することが多い仕事において円滑に物事を進められるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です